得する人損する人のハンバーグを作ってみました!ミシュランシェフ・2018年3月15日放送

たまたまテレビをつけていたら、「得する人、損する人」がやっていて、なんとなーく見ていました。

そしたらミシュランシェフによる「美味しいハンバーグ作り」の方法が放送されていて、「肉汁を閉じ込めちゃうハンバーグ」らしく、めちゃめちゃ美味しそう!!

そう感じたので、さっそく放送翌日の今日、3月16日に作ってみました!

このページでは得する人損する人で放送されたハンバーグ作りのポイントと、実は放送されていなくて分からなかった「材料の量」について説明していきます。

得する人損する人のハンバーグの材料

以下は2人前~3人前の分量です。
この分量は放送されなかったので、テレビで見た「感覚」で紹介していますが、たぶん大丈夫だと思います。

  • 合いびき肉:300g程度
    ⇒テレビでは牛7割、豚3割を使うのがポイントだと言っていました!
  • 【みじん切り】玉ねぎ:200gよりちょっと少なめ
    ⇒セロリを入れるので、玉ねぎ4分の3くらいがちょうど良いかなと思います。
  • 【みじん切り】セロリ:50gくらい、玉ねぎの5分の1~6分の1くらい
  • 生パン粉:大さじ3杯
  • 卵:1個
  • ナツメグ:適量
  • 塩:適量
  • こしょう:適量

得する人損する人のハンバーグレシピのポイント!

レシピ紹介する前に、このレシピのポイントもおさらいしておきましょう。

  • 玉ねぎを炒めるのは1分程度でOK!
  • 牛乳は使わない!
    ミシュランシェフ曰く「いらない」そうです!
  • セロリを入れる?!
    上品な味わいになるそうです。
  • 混ぜる時間は10秒程度でOK!
    10回かき混ぜる程度で大丈夫!肉汁が口の中で広がるようになるポイントです。
  • 肉汁を閉じ込めるために、成型したら冷蔵庫で30分(冷凍庫で10分)冷やす

それではレシピにいきます!

得する人損する人のハンバーグレシピ!!

1:玉ねぎをみじん切りして1分炒める

玉ねぎをみじん切りしたら、1分間炒めます。あめ色にならなくてOK!だそうです!!

2:合いびき肉に加える

合いびき肉に、先ほど炒めた玉ねぎ、卵、セロリ、生パン粉、ナツメグ、塩、こしょうを入れます。

テレビで見ていたら、玉ねぎは冷めてた感じなので、私は冷ましてから(⇒成型する時に熱いからね)入れました。

あと、ミシュランシェフは卵をスプーンですくって、全体に行き渡るように、かけるように入れていました。放送されていませんでしたが、これもポイントだと思います!

3:10秒(10回)混ぜる

粘り気が出るまでじゃなく、さくっと10回、つかむように混ぜるだけでOK!

え?大丈夫?と思ったけど、大丈夫でした!!

4:成型して冷蔵庫へ

まるーく成型して、冷蔵庫で30分(冷凍庫で10分)冷やします。

こうするとお肉の脂だけが固まって、無駄な肉汁の流出を防ぐんだとか。

5:焼く

ずっと弱火です!5分焼いたらひっくり返して、また5分。この時に出てきた油をスプーンでかけながら調理していきましょう。

6:余熱で焼く

10分間焼いたら、火を止めて、アルミホイルをかけます。そして、さらに5分、余熱でやきます。

7:ソースではなく塩でどうぞ

ソースではなくて塩が良いそうです。美味しさが広がるそうな。

頑張ってみて下さい!

 

コメント