チャットボットツールが今のトレンドです
2022年2月9日

ウェブ会議を導入するメリット

インターネット回線を利用して行える会議がウェブ会議であり、ブラウザや専用のツールなどをパソコン上で起動すれば良いので参加者が会議室に集まる必要がありません。これにより移動にかかる時間や交通費などを削減できます。ただし、周囲に会議の内容が聞こえてしまうので、同じフロアに複数のプロジェクトが混在していたり、外部の人間が入ってくるような場合は社内のメンバーだけは会議室に集めて情報流出のリスクを回避できるようにすると安全です。ウェブ会議ではドキュメントの共有機能もあるため、参加者がそれを使って共同作業を行うこともできます。

テレビ会議と比べて、参照する資料を切り替える際もカメラを動かしたりする必要はなく、パソコン上で表示させるドキュメントを変えればよいだけなのでスムーズにコミュニケーションが取れ、時間の無駄がありません。ウェブ会議は導入や維持の手間がかからないので利用もしやすいです。通常のインターネット回線をそのまま利用できるので専用のサーバーを用意して管理する必要はありません。利用にかかる費用に関しては使うシステムによって異なりますが、機能が制限されたものでは無料で使えるものもあるため、その機能だけで十分な場合には費用がかかりません。

参加者が複数になると無料のシステムでは不便になる場面が出てきますが、1対1でしかウェブ会議を行わないのであれば十分な機能があるので、目的や状況に適したシステムを選びましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です