チャットボットツールが今のトレンドです
2022年2月6日

タブレットを導入して効率的な会議を

従来の形式の一般的な会議では、紙ベースの資料や、プロジェクターによる映像の上映により、情報共有が行われていましたが、タブレットを導入することで、状況が一気に変わり、効率的な会議を開催することができます。紙ベースの資料を用意するために必要であった原稿の作成と印刷には、煩雑な手間とコストがかかりましたが、同一のネットワークに接続されたタブレットならば、1つのファイルを共有することにより、それぞれの手元のタブレットで、同一の資料を閲覧することができるため、pdfファイルや、プレゼンテーションファイルのマスターを1つ用意すれば事足ります。プロジェクターも、スライドを作成するだけではなく、スクリーンの設置も含めて、事前の準備が必要でしたが、タブレットであれば、場所もコンパクトに、同じ映像を閲覧することができます。これらの方法に加えて、動画やアニメーションなど、動的コンテンツを表示することが可能なので、テキストや静止画だけでは伝わり難い内容も、ビジュアルに訴えながら、より深くイメージを共有することができます。

このように、従来の形式では事前に用意しなければならなかった煩雑な手間を廃することに成功します。また、高度なイメージの共有を素早く実現することにより、社内の貴重なリソースを、本来行うべき会議そのものや、本業の実務へと振り向けることが可能となるため、タブレットを導入した会議は、業績のアップへと、大きく寄与します。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です