チャットボットツールが今のトレンドです
2022年2月3日

タブレットを会議に用いる

会社の大小にかかわらず事業を展開していく上では必ず会議が必要になります。準備をするために残業をしなければならない場合も出てくることもありますが、その負担を軽減してくれるのがタブレットです。過去の会議の資料を参考にしながら作成しようとしても必要な資料がどこにあるのか分からないという経験は多くの人があるでしょう。タブレットを導入すれば使用済の資料を分かりやすく保存しておくことができるため資料作成にかかる時間を大幅に短縮することも可能ですすし、資料スペースの確保に悩む必要もありません。

会議でタブレットを使用するメリットはその現場にも沢山あります。例えば資料は全て画面で閲覧できますのでペーパーレスになり、画面の共有によって必要な情報を正確に表示することが可能なので資料と解説のミスマッチもなくなります。また、動画を使ったプレゼンテーションでも手元に動画を配布して見てもらうことができるので、より集中して会議に参加することができます。タブレットですので操作も簡単で特別な説明も必要ありません。

会議直前に資料の差し替えが必要になることがありますが、タブレットであればそうしたトラブルにも柔軟に対応できます。前記したようにペーパーレスですので資料をホッチキスで止める必要がないので新しいページを追加するのも既存のページを差し替えるのも自由自在に行えます。一旦作成してみて手直しをしていくのも経費がかかりませんので手軽にできます。チャットボットのことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です