チャットボットツールが今のトレンドです
2021年10月24日

webデザイナーの仕事のスタイル

webデザイナーは、簡単に言ってしまえば企業などのクライアントから依頼をされてwebサイトを制作する仕事です。しかし、webデザイナーの仕事のスタイルは人によって様々なといえます。例えば、webデザイナー志望の方の多くがまず最初に足を踏み入れるのがweb制作会社ですが、この場合、仕事はほぼ分業となります。web制作会社は大きな案件を受けることが多いため、1人でサイトを制作するということはなく、それぞれの専門スキルを活かして作業を分けることによって効率を上げるのが基本となっています。

次にある程度、web制作会社で働いてきた方が考えるのがフリーランスとして働くことです。この場合の、フリーランスには二種類のスタイルがあり、一つが広告代理店など大手のクライアントから注文を受けてweb制作をするスタイル、もう一つが自分で集客を行い、好きな仕事を選んでいくスタイルです。フリーランスとして働き始めてすぐの頃は仕事がない状態もありますので前者のようなスタイルで仕事を行う方も多いのですが、webデザインに関する総合的な実力があれば、次第に後者のように自由な働き方を選ぶことが出来るようになってくるのがフリーランスの魅力となります。最後は少し異色ですが、webデザイナーの経験を活かして別の分野の仕事を展開していくというスタイルもあります。

例えば、webサイトを制作するために必要な知識や技術を書籍化したり、自ら作ったサイトで広告報酬を得たり、webサイトを制作するうえで得た集客のノウハウを活かせばコンサルティング業に向かうことも出来るはずです。このように一口にwebデザイナーといっても仕事のスタイルは個人によって大きく異なっているのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です