チャットボットツールが今のトレンドです
2021年10月18日

webデザイナー養成学校の選び方

webデザイナーになるための早道として養成学校や専門学校の利用が進んでいます。特に高校卒業後に入学する場合が多いようです。webデザイナーは技術があれば年齢や学歴に関係なく仕事をすることができるチャンスがあります。そのため、在学中に就職したり、独立して仕事を始める方もいるほどです。

webデザイナーになるための基礎知識は学校で習わずともインターネットで十分得られます。しかし、あえて専門学校に行く理由も多々あります。専門学校を選ぶ基準とも言えますが、多くの場合2つの点において専門学校に言ったほうがよいと言えます。1つ目は知識を体系的に学べることです。

webデザイナーに必要な知識は多数ありますが、最低でもCSSとHTMLの知識は必須です。ホームページのコンテンツを構成するためのHTMLとそれらにスタイルを付加するCSSはどのようなデザインであっても必須の技術です。しかし、インターネットでも学べることを専門学校で学ぶ理由が無いと考えがちですが、HTMLであってもCSSはあっても学ぶ量は大変なものです。体系的にしっかり学ぶことでデザインの幅が広がりますし、多くのデザインを作り上げるための土台となります。

2つ目はデザイン以外も学べるかどうかです。webデザイナーの仕事はデザインだけでは終わらなくなっています。多くの場合、CMSとの連携やCMS用のプラグインの開発なども行なう必要がでてきますのでカリキュラムで用意されている学校を選ぶことが重要です

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です