チャットボットツールが今のトレンドです
2021年10月12日

現代企業でのWEB会議の必要性

従来の会議では、日程設定や時間の設定、各人のスケジュール調整などが非常に難しく、企業によって毎月1回、二か月に1回など定期的に行っていました。現在もこのような方式で会議を行っている企業ももちろん多数存在しています。しかし、パソコンのWEB会議システムの導入により会議の簡易さは著しく向上しました。スケジュールの調整は事前の開催時間をメールで送信し、各人がチェックをしておけばあとはログインするだけです。

従来の会議方法では参加者全ての人間に関係のある内容だけではなく、一部にしか関係のない内容もテーマとして挙げられることがあり、その時間を無駄に利用することも少なくありませんでした。また、一番大きなロスとしては会議出席に伴う交通費と移動時間です。これらは全ての参加者が大幅にロスしてしまいます。しかしWEB会議では仕事の合間にログインするだけで参加したことになりますので、これらのロスは存在しません。

また、会議の内容やシステムによりますが、自分に関係の無い議題が上がった場合はその時間を流し、隣のパソコンで作業をすることも可能です。通常WEBカメラとマイクの利用をしますが、WEB会議では話すタイミングで相手の承認とこちらの発言ボタンをクリックすることが一般的だからです。WEB会議システムの導入は会議を身近なものにし、役職者のみならず、一般社員にも会議に参加させやすくしました。不況の中、人件費の削減に力を入れてきた各企業にとってはコミュニケーションツールや情報交換の場として新しい時代が到来したと言えます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です