チャットボットツールが今のトレンドです
2021年8月31日

新規客を増やすWEBマーケティングの事例とは

新規客を増やすためのWEBマーケティング事例として代表的なのは純広告です。純広告は特定のサイトやアプリの広告枠を買い取りバナーや記事の他に動画やテキスト、メールなどで広告を行います。サイトやアプリの利用者が広告を閲覧・クリックすると、商品やサービスを認知させることができます。利用者の属性がターゲットとなる消費者の属性に近い媒体を使うと、より効果的にアピールすることが可能です。

新規客を増やすためには、適切なWEBマーケティング事例を選んで商品やサービスを認知させる必要があります。WEBマーケティング事例には様々なものがあり、成約率を高めるにはアフィリエイトやSNSの広告などが有効です。リピーター客を獲得したいのであれば、メルマガを使って有益な情報を定期的に発信するとよいでしょう。新規客を増やすには、無関心層の消費者に商品やサービスを認知させる施策が必要になります。

無関心層の消費者に商品やサービスをアピールするWEBマーケティング事例としては、純広告の他にもインフルエンサーの起用やSNSの運用などが有効です。SNSや動画配信サイトなどで活躍している有名人はインフルエンサーと呼ばれており、フォロワーに対する強い影響力があります。インフルエンサーに商品などを紹介してもらえば、多くの消費者に認知させることができます。投稿された動画などの内容が面白い場合にはインターネット上で拡散されるため、より多くの人々に知ってもらえます。

企業が自らSNSのアカウントを運用して情報発信を行い、徐々にフォロワーを増やすのも有効な方法です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です